子供の矯正

小学生位のお子様の矯正治療について
3~6歳位のお子様の矯正治療について
お子様の矯正をお考えの方へ

小学生位のお子様の矯正治療について

お子様の矯正は小学生からのスタートが適しています
なぜ小学生からの矯正開始が重要なの?

乳歯が永久歯に生え替わる時期は、ちょうど顎の骨格の成長がピークを迎える時であり、その成長力を利用して、小さい顎を大きめに成長させガタガタの歯を並べるスペースを確保したり、出っ歯や反対咬合を早めに改善し、骨格への悪影響を抑えたりするために大変重要な時期なのです。

POINT1

永久歯が生えそろってから必要に応じておこなう矯正治療(第2期治療)において、便宜抜歯(歯を並べるスペース不足解消のための抜歯)を大幅に減らすことが可能です。 

POINT2

永久歯が生えそろってからの第2期治療(ワイヤーを使用した矯正治療)の期間を半減出来たり、2期治療そのものが不必要となる場合もあります。 

POINT3

交叉咬合や反対咬合のお子様においては、顔面が左右非対称になるような骨格のゆがみや下顎骨の過成長(しゃくれ)を予防できます。

POINT4

埋伏歯(歯が生えず、骨の中で停滞する事)や、先天欠損歯(永久歯の本数が不足する事)を早期発見し、歯並び・咬み合わせへの悪影響を最小限に抑える事ができます。

治療例をみる
お子様でも簡単に着脱できる矯正装置を使用


自由に着け外しできるため、快適に飲食ができる!

歯磨きしやすく虫歯や歯肉炎になりにくい!

痛みをほとんど感じない!

発音や呼吸に影響ありませんので、学校の授業中も装着可能!

FOR KIDS

楽しみながら矯正治療を受けていただけるように、お好みの色やキャラクターで矯正装置を作製致します。
お子様の矯正治療は、すべての乳歯が永久歯に生え換わってしまう前に開始
今一度、お子様の歯並びをチェックしてみて下さい。

3~6歳位のお子様の矯正治療について

反対咬合(受け口)を指摘されたお子様は早期の治療が有効

反対咬合については乳歯列期の3~4歳頃からの早期治療が可能です。

ムーシールドというマウスピース型の装置を就寝時にお口に入れておくことにより、舌の位置を正しく誘導し、反対咬合を改善します。

治療例をみる
HOP


舌を高位に誘導する

STEP


舌圧と口唇圧の
バランスがよくなる

JUMP


反対咬合が改善される

早期治療が有効です!

お子様の矯正をお考えの方へ

お子様の矯正をお考えの方へ

最近のお子様は昔に比べ、虫歯が減少してきました。これは「口腔に対する意識向上」「歯科医師の啓蒙活動」「学校での歯科健診」などの成果の賜物です。

それとは逆に、最近は顎が小さめで、歯の生え替わるスペースが不足し、咬み合わせに様々な問題点を抱えたお子様が目立って増加しています。

しかしながら、虫歯にならないと当然歯科医院に行く機会も減少するので、矯正治療の必要性やその開始時期を指摘されないままになる事が多々あります。

また学校歯科健診においては、レントゲン撮影はおこなわないため、生えてくる前の段階での永久歯の異常(本数が足りない、方向や位置が悪く生えてこない 等)は見落とされ指摘されず、どんどん歯並びが悪くなることもありますので注意してください。

重要なのは、矯正治療を開始するタイミングであり、乳歯から永久歯に生え替わる小学生の間が最も適しているということです。

お子様の矯正をお考えの方へ

開始時期が適正であれば、永久歯を抜く必要性がなくなったり、骨格的な問題への悪化を予防できたり、さらには治療期間が短縮され、治療費用も軽減したりと多くのメリットがあります。


当クリニックは、矯正相談(カウンセリング)をおこなっております。

矯正専門歯科の豊富な経験から、治療の必要性の有無・最適な開始時期等をわかりやすくご説明致します。

なので、大切なお子様の矯正開始の最適なタイミングを逃すことなく、ご安心頂けると思います。

美しく健康的な歯並びは、親からお子様への最高の贈り物です。

ぜひ、ご相談下さい。お待ちしております。

「成長期」にしかできない「矯正治療」があります
「成長期」にしかできない「矯正治療」があります
トモミの子供(小2)の矯正日記
ビフォー・アフター 今月の治療報告です
スタッフからのお知らせ