治療の流れ

STEP1 矯正相談(カウンセリング)

STEP1 矯正相談(カウンセリング)

矯正治療に関する心配や疑問をお聞きします。

あなたの歯並び・咬み合わせの悩みをご遠慮なくお話下さい。

あなたのお悩みをお聞きした上で、お口の中を診査させていただきます。

また、必要に応じてレントゲン撮影もおこない、その後、おおよその治療期間、使用装置、費用等のご説明を致します。

STEP2 検査

STEP2 検査

不正咬合の原因を分析し、矯正治療計画を立案するための検査です。

パノラマ、セファロ等の各種レントゲン撮影や、歯並び・口元の写真、そしてお口の歯型を採ります。

また、顎間節に痛みなどの症状がある場合、顎間節のレントゲン撮影と顎運動の測定を追加検査致します。

STEP3 診断(治療計画のご説明)

STEP3 診断(治療計画のご説明)

検査結果について、解析ソフトを併用しながら詳細に分析し、その結果から具体的な治療方針(治療方法、使用装置、費用など)を決定し、詳しくご説明致します。

疑問点はどんな些細なことでもご質問いただければ、ご理解いただけるまで丁寧に解説致します。

STEP4 治療スタート

治療計画にご理解・納得して頂けたら矯正装置を装着し、治療開始となります。
併せて、ブラッシング指導を行い、治療計画中に虫歯や歯周病にならない様にサポートします。

混合歯列期の矯正開始(約7歳~12歳位まで)

第1期治療スタート

治療開始後は約1ヶ月毎に装置の適合や使用状況、歯並びのチェックを行ないます。
着脱式の装置は出来るだけ長時間の使用を心がけましょう。

治療前

治療中

治療後

第2期治療へ移行

乳歯がすべて永久歯に生え替わった時点で、歯並び・咬み合わせに不充分な点があれば、ワイヤー式矯正装置(マルチブラケット)を使用した、第2期治療へ移行します。

第2期治療が必要かどうかは、再検査をおこない決定致します。 もちろん、この時点で歯並び・咬み合わせに全く問題なければ、成長による変化がほぼ落ち着く年齢まで、約3~4ヵ月毎の経過観察となります。
なお中学生以降~成人ではじめて矯正開始される方は、このマルチブラケット装置からの治療スタートとなります。

お子様の矯正

治療前

治療中

治療後

中学生~成人の矯正

治療前

治療中

治療後

STEP5 治療終了・保定

歯並びを改善し、良い噛み合わせなれば矯正装置を外します。

その後、歯並びを安定させ、後戻りを防止する為に、リテーナーという付け外し出来る装置を入れて保定観察が始まります。
保定観察中は3~4ヶ月に1度のペースで約2年間通院して頂き、歯並びのチェックを行ないます。

お子様の矯正

リテーナー

治療終了

中学生~成人の矯正

リテーナー

治療終了